不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。アパートやマンション、ビルなどを購入して賃料として収入を得たり、購入した物件の価格が上がった時にその差額で売却益を得たりすることが不動産投資として挙げられます。どちらかといえば賃料収入を得る不動産投資のほうが人気です。 

長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できるため、近年はサラリーマン大家さんや公務員大家さんとして働きながら不動産投資を始める方も増えているのが現状です。

日本は年々、少子高齢化が進んでおり、賃貸需要はこの先見込めないように思えます。確かに地方や首都圏の都心部以外の場所でも空室物件が多くなっているのは事実です。しかし、東京・都心部は単身世帯の増加により、賃貸物件の需要は年々増えているといえます。そのため、空室リスクを回避するためには、都心部で好立地・好条件の物件であることが必須条件となります。

賃貸物件である以上、入居者の入れ替え時期など必ず空室になる期間が生じます。空室が続かないようにするには、好立地・好条件の物件を探す必要があります。その上で、入居者を効率よく集められる不動産会社を選んで不動産投資を始めれば、安心して不動産投資を始めることができますし、サブリース(空室保証)を採用している会社もあるので、そうしたリスクヘッジをしていれば、確実に一定額の収入を得ることができます。


不動産活用情報

有効な不動産活用法として、アパート経営が注目を集めています。

アパート経営、3つのメリット

ローリスク・ミドルターン

ローリスク・ミドルターン

超低金利や大幅な株安、外資ファンドの参入などを背景に、不動産投資市場が活発化しています。

賃貸経営は、株式や他の金融商品と比べ、長期間の安定した家賃収入が見込めます。現在はとくに「地価の底値」「低金利」「安定した建築費」など、賃貸経営をはじめるのに好条件が揃う時代背景となっています。

節税対策に効果的

節税対策に効果的

代々受け継いだ土地は、できれば手放さずに、次の代へ上手に手渡したいものです。

アパート・マンションの建設により土地の「固定資産税」は、更地や駐車場と比べ約6分の1となります。「相続税」や「所得税」なども含めて考えると、プランにより更なる効果的な節税効果を生むことが出来ます。

私的年金として最適

私的年金として最適

少子高齢化社会の進行で、公的年金への不安が高まる現在。

賃貸経営は豊かでゆとりある老後の私的年金(自分年金)を確保する方法として、 最近は、サラリーマンや自営業の方々からも大いに注目されています。

土地活用・アパート経営コンサルティング

当社では、お客様の大事な資産をあらゆる角度から分析。


豊かな資産形成をプロの立場から、お手伝いいたします。

■土地活用法の提案

先々の運営に拘わる様々な角度から、その資産(土地・不動産)にとって最適で収益力の高い有効活用法をご提案。賃貸物件の設計・建築設計管理のサポート、オーナー様の長期安定経営をサポートいたします。


■各種不動産経営・運用アドバイス

アパート経営・マンション経営、駐車場経営など、各種不動産資産の有効的運用をアドバイスいたします。


■建物調査、適正家賃査定

安定したマンション経営を行う為には、適正な賃料設定が不可欠です。 当社では、地元における賃貸実績をバックボーンに市場賃料相場をデータベースで管理。 依頼頂きました物件の条件と照合、査定を行います。


■リノベーションの提案

物件管理を通して、高収益・高稼働率を実現すべく、オーナー様の資産価値をより高める為の適切なリノベーションをご提案します。


■市場調査

投資ファンド組成企業様の依頼をもとに市場を調査、物件の価値を的確にまとめ、ご提供できるのも50余年の実績をもつ当社だからこそ。


※ご相談予約・お問合せは、お電話または お問合せフォームから受け付けております。

※ご相談予約・お問合せは、お電話または お問合せフォームから受け付けております。
※ご相談予約・お問合せは、お電話または お問合せフォームから受け付けております。